「社労士法人 大野事務所」の実績・主な顧客先。大野事務所の契約形態と契約成立までの流れ。

契約形態と契約成立までの流れ

契約形態

契約形態 概要
スタンダード顧問契約 「労働社会保険諸法令に基づく事務代理および代行業務」から、「人事労務に関する相談・助言・指導などのアドバイス業務」までを行います。
オプショナル顧問契約 「労働社会保険諸法令に基づく事務代理および代行業務」ならびに「給与計算業務」から、「人事労務に関する相談・助言・指導などのアドバイス業務」までを包括的に行います。
アドバイザリー顧問契約 「人事労務に関する相談・助言・指導などのアドバイス業務」を行います。
スポット契約
(手続き、相談等)
上記契約に含まれない手続業務、ご相談案件等につきましてスポット契約としてお受けします。原則として、顧問契約の有無は問いません。
スポット契約
(コンサル、監査等)
IPO労務支援、経営労務監査等、一定の期間で目的に応じた成果を達成する業務がコンサルティング契約です。顧問契約の有無は問いません。

契約形態 相談 手続 給与 コンサル 経営労務監査 期間
スタンダード顧問       1年
オプショナル顧問     1年
アドバイザリー顧問         1年
スポット契約   都度

※ 顧問報酬に含まれない手続き ※

  • 老齢・障害・遺族年金の裁定請求手続き
  • 各種助成金・奨励金等の申請手続き
  • 労働・社会保険関係の新規適用届
  • 健康保険組合への編入手続き
  • 就業規則・諸規程の大幅な改訂(コンサルティングレベルのもの)

成約までの流れ

このページのtopへ

実績 | セキュリティ体制について