「社労士法人 大野事務所」の特徴。

大野事務所の特徴

組織的なサポート体制の整備

当事務所では、安定したサービスを提供するために各企業様のメイン担当者を選任しております。ただ、人事労務分野における手続きや相談範囲は非常に幅広いことから、お客様にムラのない均一したサービスがご提供できるよう、グループ制を採用し、組織的なサポート体制を整えております。

図

豊富な実績
(上場企業等の顧問先が多数、上場支援、労務監査の実績)

事務所としての30年以上の実績を基に、大手上場企業から設立間もない小規模企業まで、ニーズに合わせて幅広く業務を行っております。また、各職員の教育として外部セミナーの参加を奨励支援し、事務所内において定期的に勉強会を行う等、各職員のスキルアップにも注力しております。

詳しくはこちら

セキュリティ体制の整備

多くの個人情報を扱うことから、プライバシーマークの取得にはじまり、入退室管理システムの導入、内部ネットワークへのリモートアクセスの禁止、他媒体への書込み制限、不正コピーによる内部からの情報漏洩防止、PCのセキュリティ強化、基幹サーバへのアクセスログ監視等の セキュリティ体制の強化に心掛けております。

詳しくはこちら

業務管理簿の整備

継続的業務を責任をもって受託することから、労働社会保険各種手続き、給与計算処理に関するワークフローを担当先別に作成しております。
また、企業毎の各種手続きについて進捗管理を行っており、手続き依頼日から行政への届出日、完了後の発送日まで、進捗状況が一目でわかるような管理シートを調製しております。また、手続漏れの防止は勿論のこと、各種労使協定の届出時期や給付申請時期を事前にアナウンスできる体制を整えております。

年2回(春秋)の定例セミナー開催

法改正のご説明や情報提供を目的として春と秋の年2回、顧問先企業様向けの定例セミナー(無料)を開催しております。
代表社員をはじめとして、社員、アドバイザーおよびスタッフが主として講師を担当しますが、過去には外部講師をお招きし、その時々で話題となっている分野・問題等について解説いただいております。
詳細につきましては、過去のセミナー実績の方をご参照ください。

詳しくはこちら
このページのtopへ

事務所概要 | 代表社員プロフィール