ニュース

27年度「過重労働解消キャンペーン」重点監督結果について


厚生労働省では、昨年11月に実施した「過重労働解消キャンペーン」に
おける重点監督の実施結果について公表しました。

概要は次のとおりです。

1.重点監督の実施事業場と法令違反

実施事業場5,031のうち、3,718事業場(全体の73.9%)で労働基準関係法令違反が
ありました。


2.主な違反内容

(1)違法な時間外労働があったもの : 2,311 事業場( 45.9 % )

この中で、時間外労働実績が最も長い労働者の時間数については
次のとおりでした。

○  月100時間を超えるもの : 799事業場(34.6%)
○うち月150時間を超えるもの : 153事業場(6.6%)
○うち月200時間を超えるもの : 38事業場(1.6%)

(2)賃金不払残業があったもの:509 事業場(10.1%)

(3)過重労働による健康障害防止措置が未実施のもの:675事業場(13.4 %)


3.主な健康障害防止に係る指導の状況

(1)過重労働による健康障害防止措置が不十分なため改善を指導したもの
    :2,977 事業場( 59.2 % )
   うち、時間外労働を月80時間※2以内に削減するよう指導したもの
    :1,772事業場(59.5%)
(2)労働時間の把握方法が不適正なため指導したもの
    : 1,003 事業場( 19.9 % )

詳細は下記URLをご参照ください。


【厚生労働省URL】
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000113029.html


このページのtopへ