ニュース

平成26年度「過重労働解消キャンペーン」の結果公表について


厚生労働省では、昨年11月に実施した「過重労働解消キャンペーン」
における重点監督の実施結果を取りまとめました。

過重労働防止につきましては、平成26年11月に過労死等防止対策推進法が
施行されたこともあり、国が力を入れている施策の一つといえるでしょう。


具体的には、次のような内容がポイントといえます。

1.重点監督の実施事業場は4,561事業場
このうち、3,811事業場(全体の83.6%)で労働基準関係法令
違反があったとのことです。


2.主な違反内容

(1)違法な時間外労働があったもの: 2,304 事業場( 50.5 % )

その中で、時間外労働が最も長い労働者の時間数が
・月100時間を超えるもの  :715事業場(31.0%)
・うち月150時間を超えるもの:153事業場( 6.6%)
・うち月200時間を超えるもの: 35事業場( 1.5%)


(2)賃金不払残業があったもの: 955 事業場( 20.9 % )


(3)過重労働による健康障害防止措置が未実施のもの: 72 事業場( 1.6 % )


詳細は、下記をご参照ください。

監督指導事例(PDF)

平成26 年度過重労働解消キャンペーンにおける重点監督実施状況(PDF)


【厚生労働省URL】

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000072217.html

このページのtopへ